「日本維新の会が大阪で行ってきた『改革』は、党所属の議員・首長が実行している『身を切る改革』と、党員・支持者の皆様のご協力が元になっています。

吉村洋文副代表が、大阪府知事として、松井一郎代表が大阪市長としてリーダーシップを発揮しています。

私たち日本維新の会の『改革』を横浜に、そして全国に広め、誰もが豊かになったと思える社会を実現したいと思います。」

浅川義治



コロナの自宅療養死を無くします

身近な診療所や病院でコロナの診察や治療、救急搬送や入院ができるよう、感染症分類2から5へ変更し救える命を救います。


安心安全都市の実現

通学通園時間帯の危険なスクールゾーンに対して警備員を配置できるよう、地元の企業や個人が参加できる「防犯ファンド」の設立を目指します。監視カメラやドライブレコーダー導入を推進し。犯罪率や事故率の減少を目指します。


エネルギー問題を解決します

脱原発→核融合発電の開発促進

原子力発電所の災害、ミサイル攻撃での原発事故リスクのない、核融合炉発電を早期に実現し、世界のエネルギー問題を解決します。


教育の無償化

大学卒業までの教育費を無償にします。どんなお子様にも、昔学べなかった社会人やお年寄りも、高等教育が受けられるようにします。


ペットは「家族」の時代へ!

災害時におけるペットの避難はもちろん、生存権を侵害されているペットを受け入れ、新しい飼い主を見つけられる日本版アニマルシェルターの設置を進めます。また、ブリーダーを資格制とし、ペットを「商品」としてではなく、大切な「家族」として国民に広く受け入れられる社会を目指します。


1%アート政策

芸術文化立国を目指します。

大型ビルなどの建設費1%を芸術文化費用と義務付けます。アニメ、漫画、ゲーム、音楽、美術、演劇、文学などあらゆる芸術文化活動を推進し、新しい芸術が生まれる枠組みを作ります。


危機感を持つ政治家です

想定外を想定する国の安全確保

国の外交・安全保障政策だけでなく小惑星の衝突・横浜への津波・横須賀への核攻撃などを想定します。官僚ではなく政治家の危機感に基づいて対策を作ります。 


ガソリン税への消費税課税をなくしガソリン価格を引き下げます

クルマにかかる税金や規制を可能な限り無くします。消費者目線が行政を変えます。

減 税

歳入カットで不要な歳出をカットし、利権をつぶします。
これまでのふくらむ歳出は、利権政治によって生み出されている部分があります。
徹底した改革によって、行政の無駄をなくします。
日本維新の会は、所得税減税消費税減税相続税廃止を発表しています。
日本維新の会 https://o-ishin.jp/policy/
浅川義治は、「クルマ減税会」の主旨にも賛同しています。
クルマ減税会 https://peraichi.com/landing_pages/view/kurumagenzeikai/
最低所得補償
ベーシックインカム

赤ちゃんから高齢者まで、国民誰でも1人月額6〜10万円を国から受給出来ます。
例えば、起業する時、国が所得保障をしていれば、安心して事業を始めることができます。

*日本大改革プランでは、国民年金・基礎年金と生活保護の生活扶助部分を、最低所得保障(ベーシックインカム)と統合します。
地域の治安強化と国の安全確保


身の回りの安全と、国の外交安全保障は、どちらも「危機感」をもとに考えたいと思います。
地域の治安は、神奈川県警と地域の防犯活動、危険な場所の改善、防犯灯設置、警備員のいる下校対策が必要です。
また、強大になった近隣の覇権国家の動向を注視し、自由主義・民主主義国との繋がりを重視します

日本維新の会代表

松井一郎


日本維新の会は、古い政治を壊し、新しい政治を作ってまいります。

政治家のための政治から、有権者のための政治へ。そのためには、政治家自らがまず、身を切る姿勢を見せる。

税金の使い方は、納税者の立場に立つべき。

政治が変われば、みなさんの生活は変わります。

日本維新の会副代表

吉村洋文


コロナ禍で何も決められない国会に、神奈川から維新旋風を起こします。

神奈川第1区の浅川義治支部長にご期待ください。

前神奈川県知事

前参議院議員

松沢成文  


浅川義治さんは、20年来の同志です。

これからも応援します。

私も、浅川義治さんと地方分権・地方主権を推進したいと思います。そして、ヨコハマを再発展させる改革を実行し、市民の皆様とヨコハマの未来を描きたいと思います。



日本維新の会 衆議院議員

神奈川1区(横浜市中区・磯子区・金沢区)

 

浅川義治 53才

元横浜銀行員

元横浜市会議員

白梅保育園卒園・横浜市立大道小入学・高舟台小・大道中・富岡高校

日本大学法学部卒業

1993年 総選挙から佐藤謙一郎衆議院議員(当時)を応援

2020年 日本維新の会衆議院神奈川県第1区支部長に就任

2021年 衆議院議員南関東ブロック比例区当選