横浜にはカジノ不要


 旧維新の党が主張していたように、私はカジノを超限定的に解禁するのは賛成ですが、横浜でやる必要はありません。横浜が目指すのは、経済の超自由化「特区」です。正攻法で経済発展を牽引する都市だと思います。市民の理解もないまま進めることも良くありません。

 

 ギャンブル依存症については、パチンコ・スロットという事実上のギャンブルや公営ギャンブル、宝くじに対しても考えなければなりません。 パチンコ・スロットのような景品交換方式で、事実上民間のギャンブルが解禁されている点も含めてカジノの議論は深めるべきだと思います。

 

 横浜市はカジノ誘致を行うべきでなく、経済政策としては規制緩和の経済特区でより金回りをよくしていくべきです。

応援演説

石井苗子

参議院議員

 

  横浜にはカジノは不要です。日本維新の会は健全な景気対策と行政改革を行っていきます。