学費・医療費


下地幹郎代議士も応援

 

 日本維新の会の横浜市政金沢区担当の浅川よしはる氏(51)は、子育て支援・青少年育成策を打ち出しました。例えば大阪市のように、「中学生の塾代」「野球チーム等スポーツクラブの指導料」「絵画教室や書道教室のお稽古代」の1万円を助成する制度です。また、ハマ弁の廃止、中学校給食の実施、高校卒業するまでの医療費・学費の無料化も訴えています。

 


 3月8日に行った金沢文庫駅西口での街頭演説で浅川よしはる氏は「維新の掲げる徹底した行政改革により、横浜市職員は半分でも行政運営が出来るようにしたい」と述べました。前提として、市会議員の報酬を20%削減し「身を切る改革」に向け活動すると約束しました。応援に駆け付けた下地幹郎代議士は、「こうした主張は、私達が日本維新の会だからこそできる。金沢区地元出身の浅川よしはる氏の活動をぜひ応援してほしい」と訴えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

浅川よしはる氏の「子育て支援策」
企画・制作/神奈川新政経懇話会

タウンニュース
掲載号:2019年3月14日号より