在宅医療・福祉と連携


在宅医療・福祉連携

 患者が在宅医療を受けやすいよう、医療サービスが地域の医療関係者によってよりスムーズに提供されるようにし、特別養護老人ホームの入所希望者全員が入れるような対策が必要。

 

 

 医療・福祉

地域医療の提供者と患者の要望を、行政が最大限聞くことのできる体制を整備し地域医療を推進します。周産期医療・夜間小児救急・精神救急体制を強化推進します。 自殺防止対策をより一層推進します。

 

 

子ども食堂

ボランティアによって行われている「子ども食堂」を、開催し易くなるよう支援します。

 

 

ケアプラザ・コミュニティハウスも建設へ

柴町の市職員施設跡に計画される大型公共施設と、同時に整備を進める地域ケアプラザ、コミュニティハウスについて、地域住民への情報提供を十分行います。設置運営についても住民の意向を推進します。